シンブロ。

気ままなブログ「シンブロ」です。 とりあえずオールラウンドに書いております。

平成CDチャート年間TOP10を振り返るシリーズ 【その7~平成7年~】

みなさんこんにちは。

平成CDチャート年間TOP10を振り返るシリーズ【その7~平成7年~】です。

 

このシリーズでは、平成6年生まれの自称音楽好き管理人が

平成元年~平成30年までのCDチャート年間TOP10を感想と共に紹介して参ります。

 

 

それでは!平成7年です!(1995年)

 

第10位

LOVE PHANTOM」 / B'z (1995/10/11) 158.8万枚 

LOVE PHANTOM

LOVE PHANTOM

  • B'z
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

壮大なイントロから始まるこちらの曲。

そして何を言ってるかわからない英語のささやき。

そして流れる稲葉さんの歌声。

 

いやー、かっこいいです。

この頃の稲葉さんの声好きだなあ。

 

そして歌詞がすごくセクシーです笑

 

第9位

「ロビンソン」 / スピッツ (1995/04/05) 159.4万枚 

ロビンソン

ロビンソン

  • provided courtesy of iTunes

 

スピッツです。ほんとにいい音楽をつくりますよね。

老若男女誰からも愛される曲。

なんだか胸がほっこりします。

 

草野さんの声ってすごく魅力的です。

芯のある声質だけど、優しい歌声。

よき一曲です。

 

第8位

「TOMORROW」 / 岡本真夜 (1995/05/10) 166.5万枚 

TOMORROW

TOMORROW

  • provided courtesy of iTunes

 

もはや国民的な曲ですよね。

音楽の教科書に載ってますからね!

管理人も昔音楽の授業で歌いました。笑

 

こうやって聴いてみるとバンドのグループ感が超心地いいです。

跳ねるリズムを基に曲が構成されていて、聴くとウキウキします。

 

でもマイナーコードを使用して、ちょっぴり切ない感もあり。

あとはギターがバリかっこいいです笑

 

第7位

「奇跡の地球」 / 桑田佳祐Mr.Children (1995/01/23) 171.6万枚 

奇跡の地球

奇跡の地球

  • provided courtesy of iTunes

 

いやこれは卑怯でしょう。桑田さんとミスチルのコラボって。

超・超・超豪華コラボレーションです。

 

サウンド面では桑田さんの個性が強く出てる曲なんですけど、

桜井さんが歌えば桜井さんの個性がガッと出てくるという感じ。

 

強い2つの個性がぶっかり調和し合って、独特のハーモニーが生み出されてます。 

 

第6位

「Hello,Again ~昔からある場所~」 / MY LITTLE LOVER (1995/08/21) 173.5万枚 

Hello,Again~昔からある場所~

Hello,Again~昔からある場所~

  • provided courtesy of iTunes

 

優しいイントロから始まる曲。

このイントロが曲名の全てを物語ってますよね。

 

この曲の制作には、ミスチルのプロデューサーの小林さんが絡んでるそうです。

小林さんはやっぱすごい人です。天才ヒットメーカーですね。

 

第5位

「シーソーゲーム~勇敢な恋の歌~」 / Mr.Children (1995/08/10) 179.2万枚 

シーソーゲーム~勇敢な恋の歌~

シーソーゲーム~勇敢な恋の歌~

  • provided courtesy of iTunes

 

ポップ調の曲。桜井さんのハスキーな声質が前面に出ていますね。

ストレートな歌詞が心に響きます。

 

「シーソーゲーム ♪  WOWOW ♪」

 

あー恋愛してーーーーーーー!!!!!

 

第4位

「Tommrow never knows」 / Mr.Children (1994/11/10) 183.5万枚 

Tomorrow never knows

Tomorrow never knows

  • provided courtesy of iTunes

 

 これは名曲中の名曲。

ミスチルのなかで一番好きな曲かもしれません。

 

「果てしない闇の向こうに手を伸ばそう」

単純なセリフですが、すごくメッセージ性を感じます。

 

明日への生きる希望になってくれる歌です。

 

第3位

「HELLO」 / 福山雅治 (1995/02/06) 187.0万枚 

HELLO

HELLO

  • provided courtesy of iTunes

 

これもいい曲ですよね。というかこんなに売れたんですね。

まずは福山さんが超かっこいい。

今も変わらずかっこいいですけど、この頃は最強すぎですね。

 

幅広く万人に受けやすそうな曲です。

 

第2位

WOW WAR TONIGHT ~時には起こせよムーヴメント~」 / H Jungle with t     (1995/03/15) 210.3万枚 

 

これは、、大好き。笑

小室さんと浜ちゃんの名コンビは最高です。

 

浜ちゃんの歌声好きなんですよね~

決してうまいわけではないんですけど、人柄がすごく出てる歌声。

 

歌手としての浜ちゃん、そして松ちゃんをプロデュースし成功させる

小室さんは流石としかいいようがありません。

聴くとすごく元気が出る一曲です。

 

第1位

「LOVE LOVE LOVE」 / DREAMS COME TRUE (1995/07/24) 235.1万枚 

LOVE LOVE LOVE

LOVE LOVE LOVE

  • provided courtesy of iTunes

 

堂々の第1位はドリカム。

ドリカムと言えばアップテンポな曲が多いイメージなのですが、

この「LOVE LOVE LOVE」はゆったりとしたテンポで、

吉田さんの語りかけるような歌い方が特徴的です。

 

あとコーラスが多く重ねられていて聴いてて心地がいいです。

 

曲はあまーい感じ!笑 キュンとしてしまいますね。よき。

 

 

以上、平成7年 (1995年) CDチャート年間TOP10を紹介してきました。 

 

1995年はミスチルのランクインが目立つ年でした。

あとは全体的にポップ色の強い曲が多いかなと。

 

もうすこし言えば、ポップさと切なさが介在した音楽が多い気がします。

ちょっとした「ノスタルジックさ」みたいなものを時代が求めていたんですかね。

 

良い音楽が作られまくってたことが伺える1995年でした。

 

 

読んでいただきありがとうございました!

 

それではお次は平成8年のCDチャートTOP10を紹介します。