シンブロ。

気ままなブログ「シンブロ」です。 とりあえずオールラウンドに書いております。

平成CDチャート年間TOP10を振り返るシリーズ 【その8~平成8年~】

みなさんこんにちは。

平成CDチャート年間TOP10を振り返るシリーズ【その8~平成8年~】です。

 

このシリーズでは、平成6年生まれの自称音楽好き管理人が

平成元年~平成30年までのCDチャート年間TOP10を感想と共に紹介して参ります。

 

 

それでは!平成8年です!(1996年)

 

第10位

Chase The Chance」 / 安室奈美恵  (1995/12/04) 136.1万枚 

Chase the Chance

  • provided courtesy of iTunes

 

 イントロから分かる小室サウンド。笑

この曲は有名ですよね~

 

今の安室ちゃんと歌い方が結構違い

なにか新鮮な感じです。

 

ラップ部分が好きです。笑

 

第9位

「Don't wanna cry」 / 安室奈美恵  (1996/03/13) 137.1万枚 

 

Don't wanna cry

Don't wanna cry

  • provided courtesy of iTunes

 

 安室ちゃんアゲイン。

連続チャートインです。

 

Chase the chance」と同じ打ち込み系の曲ですが、

こちらは少し重みのある曲になっております。

 

AメロからBメロへのコード展開が特徴的です。

そしてやはり安室ちゃんの可愛さは正義です。笑

 

第8位

「I'm proud」 / 華原朋美  (1996/03/06) 137.2万枚 

 

I'm Proud [full Version]

I'm Proud [full Version]

  • provided courtesy of iTunes

 

 色々とお騒がせなこの人。笑

そういえば最近あまりメディアで見ないですね~

 

しかし歌はやはりお上手です。

華原朋美といえばやはりこの曲でしょう。

 

第7位

愛の言霊~Spritual Message」 /  サザンオールスターズ (1996/05/20) 138.1万枚 

 

 

 スピリチュアルなこちらの一曲。

(そのまんま!笑)

 

サザンの世界観がメチャクチャ前面に出てますよね。

桑田さんの歌にかかる原さんのコーラスがとてもよい味を出してます。

 

夏に聴くとすごくテンションがあがります。

とてもセクシーです。

 

第6位

空も飛べるはず」 / スピッツ  (1994/04/25) 143.2万枚 

 

空も飛べるはず

空も飛べるはず

  • provided courtesy of iTunes

 

 これはもはや国民ソング。

教科書に載ってますからね~

 

スピッツといえばこの曲でしょう。

ピュアな歌詞が胸に刺さる一曲です。

 

第5位

「花 ‐Memento Mori- 」 / Mr.Children  (1996/04/10) 153.8万枚 

 

花 -Mémento-Mori-

花 -Mémento-Mori-

  • provided courtesy of iTunes

 

 暗い雰囲気から始まる曲です。

ミスチルのなかでは珍しいですよね。

 

しかし一転サビでは明るい雰囲気になり

桜井さんの歌がスッと胸に入ってきます。

 

なぜだか自分の人生について少し考えてしまう一曲です。

 

第4位

「チェリー」 / スピッツ  (1996/04/10) 161.3万枚 

 

チェリー

チェリー

  • provided courtesy of iTunes

 

 再びスピッツ

空も飛べるはず」「チェリー」は同年の発売だったのですね。

最強のラインナップですね~

 

スピッツの歌ってどの世代の人でも知ってるから

カラオケでよくお世話になってます笑

 

第3位

LA・LA・LA LOVE SONG」 / 久保田利伸 with NAOMI CAMPBELL  (1996/05/13) 183.9万枚 

 

LA・LA・LA LOVE SONG(with NAOMI CAMPBELL)

LA・LA・LA LOVE SONG(with NAOMI CAMPBELL)

  • provided courtesy of iTunes

 

 曲名が印象的なこの曲。

「LA LA LA...↑ LOVE SONG♪」

 

メロディがすごくいいんですよね。

このメロディを歌えるのは久保田さんしかいないですよね。

 

オリジナリティ満載の一曲です。

 

第2位

DEPARTURES」 / globe  (1996/01/01) 227.1万枚 

 

DEPARTURES

DEPARTURES

  • globe
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

 綺麗な雰囲気の曲です。

 

サビ前までは落ち着いた感じなのですが、

サビに入ると各楽器の音数が急に増え、

その世界観を露わにします。

 

小室さんってこういう風に音楽を作るのが得意な感じがします。

きっと王道パターンなのでしょう。クールな曲です。

 

第1位

名もなき詩」 / Mr.Children  (1996/02/05) 230.2万枚  

名もなき詩

名もなき詩

  • provided courtesy of iTunes

 

 堂々の第1位はMr.Childrenの「名もなき詩」。

これは文句なしでしょう。笑(セールスがあるからつけようがないけど)

 

この曲を聴くとホンワカします。笑

 

ミスチルの曲ってほんとにいい曲だらけで

きっと多くの人を救ってるんですよね。

 

そう考えるとすごく偉大で、尊いなぁと。

ふとそんなことを思いました。

 

 

●総括

1996年(平成8年)は小室ファミリーの活躍が目立つ年でした。

ヒットチャートトップ10の中にこれだけランクインがあると

その社会的影響力の高さが伺えます。

 

全般的にポップ音楽のニーズが高まってたのかなという気がします。

 

良き時代です。笑

読んでいただきありがとうございました!

 

それではお次は平成9年のCDチャートTOP10を紹介します。

作成までしばしお待ちを。